1月 10

今宮戎に行ってきました

スタッフ別, タガヤ, 雑談 今宮戎に行ってきました はコメントを受け付けていません。

この記事をブックマークする : このページをはてなブックマークに追加 このページをLivedoorクリップ! このページをニフティクリップに登録 newsing it! このページをdel.icio.usに登録 このページをBuzzurlにブックマーク

タガヤっす。

今宮戎にお参りするようになって早10年。
そろそろ好例行事になってきました。

子供の頃は出店があるってだけで近所の神社に行ってましたが、経営者になってからは、ちゃんと商売繁盛を祈願するんですけど、正味な話、神頼みしてる時点でやめとけって思いますw

えべっさんにお参り行ってる、行ってないを基準に経営が左右されるとしたらえらいことですやん。

えべっさんは商売の神様です。
自分が一番儲かる方法が「戎」なんだと勝手に解釈してます。

だって、えらい多くの人が笹とかいっぱい買って帰るんですよ。初詣とか比較にならんぐらいの人出ですよ。しかもご丁寧に3日もあるわけですよ。宵えびす、本えびす、残りえびすってね。しっかり3日間稼ぎはります。

今宮戎は大阪屈指の戎神社です。
そらー商魂たくましい方々が出店をやってます。
ちょっと座って焼きそばとビールを頼もうもんならえらいことになります。

ボクは昔、今宮戎の近所に事務所を借りてたことがあるんですが、えべっさんの時期はたくさんの人たちが遊びに来てくれました。だもんで、ボクもお付き合いで参拝するんです。下手したら3日全部行ってました。

最初は笹もらって、それに飾り付けるものを買って、事務所に飾って、次の年に返しに行ってたんですけど、最近は笹をもらうのをやめました。だって邪魔だしゴミになるんだもん。絶対にエコじゃないです、あれ。

でも今年も行って思ったのは、完全にボクの人生の「イベント」になってるってことです。クリスマスと一緒です。クリスチャンじゃないけど、一応それらしい食事をします。サンタさんにも来てもらいますし。
それと一緒です。

だから行ったらやることは、普通の神社にお参りするような儀式を淡々とこなし、おみくじを引いて帰って来ます。もちろん子供たちは出店目当てですが、それもイベントです。

あんまり信心深い方じゃないし、いや、むしろ信じてない。
でも年間を通していつに何をやる?ってイベントが複数あった方が、人生って楽しいなーって思うわけです。1月はえべっさんで、2月はバレンタイン、3月はひな祭りやって・・・っていう具合です。

だからボクは、まったく信じてないえべっさんに毎年行って、恵比寿さんに儲かってもらってます。

ちなみになんでこんな事を書いてるかというと。

今年の出店は一風変わってました。いやー、こういう部分は勉強になりますw

B級グルメが流行ったみたいで、蒜山焼そばとか、鶏皮ぎょうざとか、ラーメンバーガーとか、そんな出店がとっても多かった。
あと子供が「ぷよぷよすくい」というものをやりたいというので、くじ引きは全力で拒否し続けてるのでしぶしぶOKしました。「ぷよぷよ」のキャラクターみたいなスーパーボールをすくうんだと想像していたら、もはやまったく違う「ぷよぷよするなにか」的な意味不明な物体をすくわされ、持って帰らされました。

ぷよぷよしたなにか

ぷよぷよしたなにか



ま、理系なので勝手に分析すると、着色された吸水ポリマーだと思います。原価を調べてみてビックリ。粗利益率が95%ぐらいだと判明しました。さすがとしかいいようがないw

訂正。



十日戎は、えべっさんと周辺の人たちが儲かるためのイベントのようです(・∀・)


こうなったらくじ引きも解禁しよっかな。
悔しい思いから何かを得てくれるなら良い投資じゃないかと。

あ、そんなに頭のいい子じゃなかったw



1月 04

年初のご挨拶

スタッフ別, タガヤ, 経営 年初のご挨拶 はコメントを受け付けていません。

この記事をブックマークする : このページをはてなブックマークに追加 このページをLivedoorクリップ! このページをニフティクリップに登録 newsing it! このページをdel.icio.usに登録 このページをBuzzurlにブックマーク

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

当社は7月末決算ですので、毎年新年1月末で半期が終わることになります。
半期の売上が見えている状態での年末年始ですので、毎年正月は残り半期のことについて考えたりしています。

昨年は海外戦略を強化する予定で年明けを迎えたのですが、様々な事情やタイミングがあり、予定通りに実施することが出来ませんでした。経営者として成長しなければと改めて考えさせられました。

ボクは今まで「在庫ビジネス」をしたことがありません。仕入れ、在庫というものにマイナスイメージを過剰に持っていました。知人の経営者に力尽くで紹介されたMG(マネジメントゲーム)という研修を受けて、考え方を変えました。

ボクは今まで技術者としてキャリアを形成してきました。次にネットでモノを売るスキルを身につけました。次にチャレンジすることは「在庫を持つ」というリスクに立ち向かうことだと認識しました。

私たちは2012年、つまり当社の5期後半から在庫事業に着手致します。
マーケットは台湾と設定しました。
今年は当社としてだけではなく、ボク個人としてもかなり挑戦の年となります。

皆さまには、より一層のご理解とご協力を承りたく、
本年もよろしくお願い致します。



追伸:

 戦略的な商品をお持ちの方からのお問い合わせをお待ちしております。
 我々の海外プロモーションを試していただけるチャンスとなっております。
 テストマーケティングが終了した後は、正規の料金を設定する予定です。

 詳細は書きませんので、お問い合わせがあったらお応えします。



12月 29

2011年、年末のご挨拶

スタッフ別, タガヤ, 雑談 2011年、年末のご挨拶 はコメントを受け付けていません。

この記事をブックマークする : このページをはてなブックマークに追加 このページをLivedoorクリップ! このページをニフティクリップに登録 newsing it! このページをdel.icio.usに登録 このページをBuzzurlにブックマーク

タガヤっす。

本年はお世話になりました。
おかげさまで5期目を迎えることが出来ました。
来年もよろしくお願い致します。



詳しく書こうと思いましたが、どうしても震災に関することに言及しそうなので割愛します。あまり震災に関することは書きたくないと考えています。

阪神大震災の被災者としてのボク個人の考え方が、一般的な方々の気分を害する可能性があるからです。いわゆる「不謹慎」にあたる可能性が否定できないのです。

阪神大震災も、中越沖地震も、東北大震災も経験してない人々に何がわかるのかと思ってしまいますが、それが「一般的な考え方」であることも事実です。我々被災者の考え方を押し付けるつもりもありません。

ボクは他人の価値観を押し付けられることに、なによりも抵抗感を覚えます。なぜならそれは、ボクの「価値観」ではないのだから。
ボクも自分にされてイヤだと思うことは、他の人にしないように心がけています。なので、震災については何も書きません。



ただひとつ言えることは人生は1度きりです。しかも人生はいつか終わります。いつか必ず死にます。さらに、死に方は残念ながら選べないことが多いです。

改めてそのことについて考えさせられる1年でした。

昔、よく考えてたことがあります。
誰にも必要とされていないと嘆き、自分が生きてたという「証」を残したいと強く願っていました。

今はそんなおこがましいことは考えていません。

周辺の人たちに少しでもいい影響を与えられたらと考えるようになりました。行いを正すきっかけにしてもらったり、困っている方の力になったり、自分も助けられたら感謝をきちんと伝える。そんな影響を互いに与えられる関係を築いていきたいと考えるようになりました。

使い古された言葉で表現するなら、
「記録に残る人生ではなく、人の記憶に残る人生」を目指したいのです。

ボクはそんなに人間出来てません。むしろダメな方だと思っています。すぐに酔っ払って人に迷惑を掛けたり、平気で時間を守らなかったり、約束したことすらすぐに忘れたりします。
でも、すごく楽しく生きています。ボクにこんな幸せな人生をもたらしてくれる全ての人に感謝しています。

ボクがそんなみんなに恩返し出来ることがあるとすれば、先程書いた影響しかないんです。経営者として、そこそこの経験を積みました。技術者としては20年以上になります。年を取ると周辺の人たちがいいポジションで仕事をしているので、人的ネットワークも広がっています。

こんな「プライスレス」な価値でしか恩返し出来ません。
今年はそんなことを強く考えさせられた1年でした。

来年もたくさんの「影響」を感じてもらえる年にしていきたいと思います。



追伸:

 たくさんの友人がこのブログを見てくれています。
 みんな言います。

 「ブログでは聖人かと思うぐらいのお利口さんだね」と。

 そんなことは決してないですw
 ボクはなんでも「根本」を考えます。
 言いたいことをうまく伝えるために文章にすると、
 ボクというダメ人間の部分がうまく隠れてしまうのでしょう。

 ちなみに、ダメな部分知ってるなら修正しろよ?って思いますが、
 そうすると本当の聖人になってしまって、逆に人間としての魅力
 を失ってしまうと感じています。
 実は、ダメな部分があるから愛されるんですよ。

 男前、話し上手、お金持ち。でもすげーハゲてる。とか。
 そんなオチがあるからいいんです。それが人間ってヤツですw



12月 22

顧客満足度というけれど

サービス作り, スタッフ別, タガヤ, 経営 顧客満足度というけれど はコメントを受け付けていません。

この記事をブックマークする : このページをはてなブックマークに追加 このページをLivedoorクリップ! このページをニフティクリップに登録 newsing it! このページをdel.icio.usに登録 このページをBuzzurlにブックマーク

今日、すごいなーと思ってる経営者のひとりのFacebookでこんなことを書いていました。

<転載>

http://on.fb.me/s97iyF

数日前にご注文いただいたお客様から先程クレームの電話がありました。

<中略>

いてもたってもいられず、幸い近県でしたので今から直接お客様の元までお届けする事にしました。



「顧客満足度」という言葉を良く耳にしたりしますが、そもそも「顧客満足度」って何を指しているんでしょうか?

人が満たされる、満たされたと認識する状態ってどんな状態か知ってる人って少ないんじゃないかな?って思っています。

ボクは心理学も学んだのですが、このへんの研究や議論はかなり昔からされているようで、様々な文献や仮説や法則などが存在しています。マズローの欲求階層もそのひとつですね。

本当の意味で「顧客満足度」アップを目指すなら、まずはそれを知ることが必要だと思います。言うだけなら簡単なんです。

そして今回はこれを言いたくて、わざわざ久保くんに許可まで取ってネタにしたんだけど、実は満足が得られるポイントはそんなに高くありません。

実はこれが顧客に満足を「実感」してもらうことを難しくしているのだと思います。だって普通は当たり前だと思ってることだからです。

買った商品が指定した日時に来るのは当たり前。ところが当たり前だと思ってたものが違った場合、不満に変わります。逆説的に言えば、不満じゃなければ満足とも取れてしまうのです。

ここ重要です。

心理学を応用した交渉術にこんなのがあります。

まずは相手が不満と思うポイントで交渉を開始します。もちろんそれを押し通せば、交渉は不成立なのですが、なんとか交渉を続けて、相手が妥協できるポイントをさも譲歩したようなかたちで提示するという方法です。

ボクが学生のとき、身を持って体験したことがあります。ボクは毎日学校に行かずにプラプラしてる悪い子でした。大体昼前に行って、掃除せずに帰ってました。

ある日、遅刻せずに学校に行ったら、

「やれば出来るじゃないか!」とめちゃくちゃ褒められました。

元々、ボクに対する期待値がそんなに高くないので、簡単に褒めてもらえる期待値に上げることができたからです。これはいろんな場面で活用できますよ。

しかし最近、ボクに対する期待値が高くなってきていて、少ししんどいと感じています。



今回の久保くんが体験した件をボクなりに分析してみます。

・息子が彼女に贈るクリスマスプレゼントを注文した
 → 満足ポイント:商品が指定通りに届く
※ 実は他にもありますがここでは割愛します

・商品が指定した時間に届かないことがわかった
 → 満足ポイント:息子が彼女にプレゼントするタイミングまでに商品が届く

ネットショップに期待してることって、そんなに多くないことがわかります。購入したものが指定した日時に届けばいいんだから。

でも今回のミスで指定した日時に届かない状況になりました。
しかし、久保くんの神対応で、元々は「普通」な状態が「満足」な状態に変化することが出来ました。



でも、ボクが本当にみなさんに考えてほしいことは、みなさんの考える付加価値で「普通」の状態以上の「満足」を体験していただくにはどうしたらいいのか?なのです。

これは意外性がなければ難しいとボクは思っています。
お客さまにとって買った商品が届くのは当たり前なのです。それだけでは満足を得られることは難しいでしょう。

じゃあどうするのか?

それはみなさんが考えてみてください。
それが商売だとボクは考えています。



【追伸】

コメント欄に、「ミスしないのが1番」って意見があったのですが、ボクはミスを減らす努力は必要やと思いますが、ミスをゼロにする必要はないと考えています。

ミスをするのは当たり前。ミスをしたときどのようにすればいいのか?ということを徹底的に科学した方が企業経営上正しいと思っています。なぜなら、ミスを挽回するために何をするか?を考えたとき、その会社の本当に守りたいものが何なのかがわかるからです。

ちなみにかの有名なリッツカールトンホテルでは、客室係が独断で決済できる予算が割り当てられています。お客さまに対してやってしまったミスを挽回するためのコストと言い換えてもいいと思います。

ミスしない状況は経営を楽にするだけで、スタッフや会社が成長する機会が失われてしまいます。
ミスしてもスタッフや会社が正しく成長していける仕組みを作ることの方が、ボクは何倍も重要ではないかと思います。



12月 21

【急募】華語を理解できる方

お知らせ, スタッフ別, タガヤ 【急募】華語を理解できる方 はコメントを受け付けていません。

この記事をブックマークする : このページをはてなブックマークに追加 このページをLivedoorクリップ! このページをニフティクリップに登録 newsing it! このページをdel.icio.usに登録 このページをBuzzurlにブックマーク

我社は来年より台湾でEC事業を開始する予定です。
つきましては、日本語を標準中国語に翻訳できる人を大募集しています。

詳細
・日本語が読める方
・台湾で使われている標準中国語を理解している方
・オンラインでのやり取りに対応できる方

条件
・学歴や経歴は不問です。
・面談させていただきます。
・お支払いは日本円です。
・フリーランスの方、学生の方は優遇します。


Our company is expected to begin operations E Commerce in Taiwan early next year.
so Looking for people who can translate Japanese to Mandarin.

details
+ who can read Japanese
+ who understand Mandarin
+ who can respond to interact online

condition
+ education and experience is unquestioned
+ interview is needed
+ payment will be in Japanese yen
+ freelance or student will be complimentary

Please contact us from here.


公司預計在明年年初開始在台灣的業務電子商務。
所以尋找的人可以翻譯日語普通話。

詳細信息
+誰可以讀日語
+不懂普通話的人
+誰可以回應網上互動

條件
+教育和經驗是毋庸置疑的
+面試是必要的
+付款將在日元
+自由職業者或學生將免費

從這裡,請聯繫我們



12月 15

どんな場面でも冷静でいるための秘訣(我流)

スタッフ別, タガヤ, 経営, 雑談 どんな場面でも冷静でいるための秘訣(我流) はコメントを受け付けていません。

この記事をブックマークする : このページをはてなブックマークに追加 このページをLivedoorクリップ! このページをニフティクリップに登録 newsing it! このページをdel.icio.usに登録 このページをBuzzurlにブックマーク

タガヤっす。

ボクは良く夢を見ます。
仕事をしてる夢、友人たちと遊んでる夢、いろんな夢を毎日見ます。

今日は、親父がZRXというバイクに乗ってる夢でした。
親父が得意げにZRXを操っていると突然制御不能になり、なぜかパチンコ屋の駐車場の壁に激突するって夢です。

意味は全くわかりません。
しかしなぜかボクは冷静に怪我の状況を判断した上で、救急車を呼ぼうとするのですが、現在地がよくわからなかったので、パチンコ屋の看板を見て判断しようとして目が覚めました。

親父が怪我してるのに冷静だったことを思い出して、少し笑ってしまいました。まあ夢で良かったとも思っていますが。

思い起こせば、ボクはどんなシチュエーションでも取り乱すことがほとんどありません。
取り乱す人は良く見ますがw

クルマやバイクで事故。
子供が遊んでいて怪我。
子供が熱性けいれんを起こす。
火事。
身内が亡くなる。
空き巣に入られる。
高級車が盗まれる。

友人たちの上記のような場面をいろいろ見てきました。
全てにおいて冷静に判断し、対処してきました。

どれぐらい冷静かと言うと、子供が怪我して耳から大量の出血。傷口を観察すると軟骨が見えている状態。
ボクは救急車ではなく、救急車を呼ぶ程のことか状況を説明してもらえる機関に電話して、応急処置の方法が間違っていないか確認し、救急車を手配すると言われましたが、自分で行くと伝えて電話を切り、紹介してもらった病院に電話して、救急対応の是非を聞き、応急処置をしながら病院に行き、治療の説明を受け、親の注意を無視して怪我をしたのは自業自得とばかりに、麻酔なしで1針縫ってもらうことにして、泣き叫ぶ子供を抑えつけて、その一針をニヤニヤしながら見ていました。

誤解のないよう説明すると麻酔もかなり痛いのです。
麻酔で痛い1針で痛い、痛い1回で変わらんと思ったから。
医者も麻酔なしを薦めたし。
ところが縫うという行為は、1回差して1回抜くという2回の痛みがあることに処置を見てて気がづいた。しかしもう遅かったw

ちなみにこの事件の後、「危ないよ?」の一言に過敏に反応するようになりました(・∀・)



なぜ冷静でいることが重要なのか?は説明する必要はありませんよね?

そう、判断を誤るんですよね。

友人のアパートが火事になったとき、その友人がとっさに持って逃げたものが、なぜかやかんだったとか。もっと他に必要なものがあるはずなのにw

何をすべきか?を冷静に判断できるようになっておかなければなりません。
ひょっとしたら、その対処の是非で生死が決まってしまうかも知れません。

ボクが意識することはひとつです。
おかしいやつと思われるかも知れませんが、未来から来た自分をイメージします。

過去のトラブルを笑い話にするってこと、ありますよね?
「昔、となりのアパートで火事になってさー、とっさに逃げたんだけど、気がついたらやかん持って逃げててさーw」(リアル友人談)

あのパニクってたヤツが何にこやかに話してるんだと。この話題、彼的には「鉄板」らしく度々耳にします。

つまりボクが言いたいのは、今の事件が過去のことになれば、絶対に笑い話になるはずだ。と信じて対処するんです。
将来、絶対にこの話をネタにしてやるんだ。って思うんです。

すると不思議と冷静になれます。



経営者になった今、あまり景気も良くないことがあってか、かなり悲観的な経営者を見ることがあります。

「もう終わりだ」

的なことを言っては、その原因を自分以外の何かのせいにしようと必死で逃げてるんです。

まあ、あまり親しくないので放置してますが。
ボクが思うのは、ホントに終わりなのか?と。
終わるヤツがここで何してるんだ?と。

まあ、そういう人はとっとと終わった方がのちのち楽になれると思いますが、ボクはどんなときでも「活路」は必ずあると信じています。
ちなみに、自分の状況を常に俯瞰的に捉えるクセをつけていれば、そもそもそんな状況には陥ることがありません。
なぜなら「活路」という選択肢は、切羽詰まれば詰まるほど、少なくなっていくからです。

資金ショートから短期の借入して、さらにショートしたら今度はサラ金、そして泥沼みたいな非常にわかりやすいパターンは、みなさんが理解できることだとは思うのですが、それを避けるための努力や行動が起こせない原因は、「冷静に判断できない」からに他ならないとボクは思います。

冷静に考えれば、短借出来ない状況になる前、なったときに、借入以外の方法はないのか?と疑問に思い、考え、行動するはずなのです。

しかし、いつも冷静に判断できるってことと、常に正しい判断ができるってことは別モノです。冷静に判断したって間違えるときは間違えるものです。そんなボクも間違えます。



こないだ、銀行の手数料節約のためメインバンクからネットバンクへ資金移動をしたのですが、タイミングが悪くカードの引き落とし前に実施してしまいました。しかも2回目だったので、カードの利用限度額が法人カードではあるまじき、「10万円」になってしまいました。

年会費が3万程度するんですけど?(涙)


誰かヘルプミー。



11月 30

社員を雇用するときに重要なこと

スタッフ別, タガヤ, 経営 社員を雇用するときに重要なこと はコメントを受け付けていません。

この記事をブックマークする : このページをはてなブックマークに追加 このページをLivedoorクリップ! このページをニフティクリップに登録 newsing it! このページをdel.icio.usに登録 このページをBuzzurlにブックマーク

タガヤっす。

最近、友人の個人事業主たちがスタッフを採用することにしたという話を聞きます。

ボクも経験があるから分かるのですが、雇用する側にはとても勇気のいることなのです。個人事業は文字通り、大抵は自分が食べていくために必死で、他の人の生活まで責任が負えないのが実情です。

しかしふと不安に思うのです。
ひとりで稼げる規模なんてたかだか知れているからです。

個人事業主にとって採用とは一大事業なのです。



日本の雇用にまつわる法律は素晴らしく整備されています。海外で生活してたことあるボクとしては、かなり過保護だと思えるぐらいです。

映画や海外ドラマにあるように、簡単に「クビだ!」とは言えません。
雇用契約を済ませてしまえば、社内規程にあるルールを守ってさえいれば解雇されることがないのです。さらにその社内規程に書いてあることは、会社でやらなくても法律違反であるような当たり前のことしか書いていません。

雇用する側が一方的に不利な法律なわけです。
そしてその条件は年々厳しくなっています。

会社側は雇用するときに、たくさんの約束事をします。
給与、休日、勤務時間、仕事内容などです。
つまり会社に来てさえいれば、給与が補償されるわけです。

ある本にこう書いてありました。
「日本の国民一人あたりのGNI(国民総所得)は世界17位の360万程度」

これは効率が悪いだけではなく、日本の雇用を守ろうとする風土がいかんのだと思います。簡単に解雇出来ないんだもん。誤解を恐れずに書くと、出来ない社員が残り、出来る社員はキャリアアップとばかりに転職するのが実情でしょう。

あ、脱線しました。

当社では採用するにあたり、こちらからコミットする条件を提示すると共に、相手にコミットしてほしいことを設定しています。

応募者がプログラマとして活躍したいと言えば、具体的にどんなプログラマになって、どんな活躍をするのか。またそうなるのはいつか。

お互いに約束し合うのです。
これはかなりいいことだと実感しています。

このコミットメントを達成するために必要なことはすべて言えるのです。また本人は入社時にした約束ですから、しっかりと覚えておいてくれます。そしてその約束を果たすために尽力してくれます。会社としてはその人を雇用できることがすでにメリットになります。

応募者としては採用試験に通ることが目的なのです。採用してもらったら終了、努力することを年々忘れてしまいます。そしてその会社にいることが当たり前になったとき、何かが崩れ去ります。

もちろん採用後、努力をする人がいないというわけではないです。
ただ、社内の人材について悩んでいる経営者の話を聞くと、ボクは採用のステップが悪いと思ってしまうます。どんな人材になってほしいと約束しなかったからだと。

そしてその後のコミュニケーションも漠然としたものになります。
悪いと思って指摘しても、それは社長の価値観でしょ?みたいな。
最初に約束しておけば、約束が達成されてなければ意見出来ますし、本人も約束したことだからと理解してくれます。

すでに採用した後の人材でお困りの経営者の方は、野球の契約更新みたいなイメージで、約束を作ることをオススメします。

当社は今後、このように展開していきたいと思います。
ついてはあなたにこういった立場でこのような活躍を期待したいと考えていますが、どうですか?って。

その後のコミュニケーションは、飛躍的にやりやすいものになるはずです。



実はこんなエントリを書いているのは、当社のスタッフが独立するために退職します。

3年前、「自分でサービスを作って運営できるようになりたい」と言って、ウチに応募してきたのを今も鮮明に覚えています。
そのときのコミットメントは、「当社のエースプログラマを目指す」ことでした。そしてそのコミットメントは達成されました。

素晴らしい成長でした。
ボクはイチから指導というより、イチしか教えてませんw
今ではサーバの構築などから、サーバサイドのプログラム、クライアント側のプログラム(JSなど)から全てをこなせる技術者になりました。

ちょっと感慨深いですね。

しっかし、ウチを退職する人が2人目なのですが、2人とも独立するってどんな会社やねんwって思います。

退職しますがウチとの関係はこれからも続いていくと思います。
そう思うと、彼の一層の成長を期待しつつ、見守りたいと思います。



ただ。



これから採用活動を真剣にするので、辞める時期を3ヶ月ほどずらしてもらえませんか?(涙) 年末か年度末に退職したいという言葉を「年度末ね」って自分勝手な解釈で長めに理解しててスイマセン。



11月 24

プレゼントするスキルの重要性

EC・ネットショップ, スタッフ別, タガヤ, 経営, 雑談 プレゼントするスキルの重要性 はコメントを受け付けていません。

この記事をブックマークする : このページをはてなブックマークに追加 このページをLivedoorクリップ! このページをニフティクリップに登録 newsing it! このページをdel.icio.usに登録 このページをBuzzurlにブックマーク

タガヤっす。

いつも憧れるスキルがあります。
それは「プレゼント」のスキルです。

誕生日や記念日などに、そっとメッセージを添えたプレゼントをスマートに贈れるって素晴らしいと思いませんか?

昔は良くプレゼントする人だったのですが、最近はめっきりしなくなりました。もらうことが少なくなったのも理由のひとつですが、大人になったのか、見返りを求めてる自分自身が見え隠れしては自己嫌悪に陥るのがイヤになったんです。

・プレゼントしたのに、自分のときにもらえない
・日頃お世話することが多いので、もらって当たり前
・そもそも何が喜ばれるかわかんない

ほら、嫌なヤツでしょ?(汗)

意識して変えていかなければ!と思って、このエントリを書いています。



そもそもプレゼントとは、贈る相手に喜んで欲しいとか、日頃の感謝の気持ちだったりとか、見返りなんて求める必要なんてないはずなのです。

もう一度、昔のように純粋な心で、感謝の気持ちをかたちにして贈れる自分になろうと思いました。



と言うのも。



先日、株式会社イマリ の久保くんをボクが一緒に呑みたいという理由だけで大阪に呼びました。

そして楽しい時間を過ごさせてもらいました。

なのに、熱いメッセージと共に久保くんの会社の商品を贈ってもらいました。

アロマランプ

とっても使いやすく良い香りがします。



もうね、何がうれしいって。

1回研修で会っただけでボクが勝手に久保くんに興味を持ち、ボクがまた会いたいからって大阪に呑むためだけに呼びつけて、さらに早朝4時過ぎまで付き合わせて楽しんだ挙句、プレゼントまでいただくなんて。

こんな大人でいいんだろうか?(汗) と若干心配になりました。



しっかしアロマランプってはじめて使いましたが、いいですねこれ。

昔、オイルを噴霧するディフューザーはいただいて、気に入って使っていたことがあります。オイルを変えるとフラスコが白濁して掃除が大変だったりしましたが、リフレッシュするし、タバコを吸うのでニオイが気になっていました。

しばらくして使わなくなりましたが、アロマの効果は素晴らしいものがあり、今でも各種のオイルは常備しているほど、アロマオイルは好きです。

この商品はアルコールランプと同じ要領なので、オイル自体はこのランプでしか使えませんが、芳香能力はディフューザー以上かも知れませんし、何より掃除の必要がありません。

火気を使う分、気を付けなければならないポイントもありますが、ボクは手軽さが気に入りました。

オイルと芯は消耗品なので、これはリピートさせていただきたいと思っています。

いい商売って、お客さんが喜んで買ってくれて、商品やサービスに満足してくれて、また利用してくれて、会社もちゃんと利益を出しているというすべての要素が満たされなければならないと思っています。

久保くんはいい商売をちゃんと誠実にやってるんだなーって感じることが出来ました。

今日はいい刺激をいただいたので、オチはナシですw



11月 11

人生を賭けて子供に教えたいこととは?

スタッフ別, タガヤ, 経営, 雑談 人生を賭けて子供に教えたいこととは? はコメントを受け付けていません。

この記事をブックマークする : このページをはてなブックマークに追加 このページをLivedoorクリップ! このページをニフティクリップに登録 newsing it! このページをdel.icio.usに登録 このページをBuzzurlにブックマーク

タガヤっす。

こんなボクでも一応人の親だったりします。

立場上いろんな方々にお会いすることが多いのですが、ボクが自分のことを人見知りだと言うと誰も信じてはくれません。
それほど対人能力が上がっているわけではありませんが、たったひとつだけ、心がけていることがあります。

それは今現在、子育てにおいて最も重要視していることでもあります。そんなことを改めて感じられたことがあったのでエントリします。



自分だけの価値観を創造し、発展させる。

恐らくこれだけです。
自立してほしいとか、損得なしに他人のために動ける人になってほしいとか、いろんなことは考えてますが、根っこはこの一言です。

今までのキャリア(経験)の中で、生きていることを心から楽しんでいる人は、総じて魅力的な人が多いです。そんな人の周辺には、これまた魅力的な人が多いのです。彼らに共通することはたったひとつ挙げるとすれば、自分だけの確固たる価値観を持っています。

じゃ、そもそも価値観って何?

簡単に言えば、自分だけの判断材料を持っているんです。
例えば、ケータイ電話を新調したいとします。

最近はスマートホンが流行ってるよね。
スマートホンならこれが人気だよね。
ボクのキャリアで人気の機種はどれだろう?

一般的に他人の意見がポジティブなものや売れ筋商品を買いたくなるのが心理です。しかし彼らは違います。「判断材料」に基づいて明確な選択をします。他人がどれを買ってようが、その商品がどれだけネガティブな意見で満たされてようが関係ありません。

ボクが子供たちに教えたいというか、身につけてもらいたいことはたったこれだけなのです。



日本の教育は素晴らしい水準にあるとボクは思っています。
しかしながら、みんな同じであることを前提に組み立てられていたため、欧米のように個性を伸ばしたいと考えて変えられました。ゆとり世代って呼ばれるものですね。ボクはそれ自体は否定はしません。素晴らしい教育を変化させようとした努力を評価したいと考えています。

土曜日が休みになり、ボクが子供にしたことは。

何がしたい?
何がすき?
何が食べたい?
何をどうしたい?

これを聞き、実践し、結果に責任を持ってもらう。
こればかりやってきました。
すると面白いことに、とってもいい子に育っています。
別にいい子じゃなくてもいいんだよ?って言うんですけどねw

新学年の初日に先生に反省文を書かされました。
前に同じクラスで仲の良かった友達とまた同じクラスになれたことがうれしくって、授業中におしゃべりをしてしまったらしいのです。

当たり前ですが、クラスで1番早い反省文提出者になりました。

ボクは笑って聞きました。
何でも1番はいいね!でもなんて書いたの?

彼はもうしません的な典型的な反省文を書いていたのですが、ボクが気になったのは、なぜもうしないと決めたのかの理由が知りたかったのです。

一生懸命に勉強しようとしてる友達の邪魔になるからと答えました。

反省文とは、行った行為について反省することを求めていますが、ボクが求めているのは、なぜ反省文を書かされ、なぜ反省し、なぜ反省文の内容になったのか?そしてその後どーするのか? なのです。

彼はその後、反省文は一度も書いてません。
今年小学校最後の学年なので、また反省文書かされるようなことしてよwって言うんですがやってくれません。行為自体は褒められたものではないのですが、彼の価値観の一端が見れるので、反省文が好きになってしまっていました。

それ以外でも彼の価値観の一端を書きたいのですが割愛しますw
とても自慢できる子供たちになっています。



相手の価値観を尊重すると、逆に尊重されるようになります。
そういう関係って居心地の良いものになります。
彼らにもそんな関係をたくさん作って欲しいと考えています。

そして彼らの価値観を発見し、尊重しようとする姿勢が、思わぬ副産物をもたらしました。
会社のスタッフや取引先や役員をさせてもらってる会社に対しても同じことをするようになったのです。

今まで以上に良好な関係を構築、維持、発展することができるようになりました。
自分の価値観を曲げる必要なんてどこにもないんです。
さっきのケータイの話ですが、仲良くしたいからって同じケータイにする必要はないのです。



なのに。



最近iPhone4Sに変えないんですか?って良く聞かれるんだけど、オレは4で満足してるから、Sにする必要性を全く感じてないしSIMフリーだからこれでいいんです!って言うんだけど、なんか言い訳がましいというか、我慢してるって思われてる気がしてならないんだもん。


5が出たら考えます。



11月 09

日々の情報アップデートの方法

スタッフ別, タガヤ, 雑談 日々の情報アップデートの方法 はコメントを受け付けていません。

この記事をブックマークする : このページをはてなブックマークに追加 このページをLivedoorクリップ! このページをニフティクリップに登録 newsing it! このページをdel.icio.usに登録 このページをBuzzurlにブックマーク

タガヤっす。

先日、コンサル先の技術者から質問を受けました。

「最近のトレンドとか、そういうものってどうやって勉強してますか?」

向上心が非常に高い人の質問ですね。
そういうスタッフがいることはとても貴重ですし、ボクもとてもうれしく思います。

実は、この手の質問は非常によく聞かれます。
先日もいつもと同じように答えたのなら、エントリにする必要もないんですが、気付きがあったのでエントリします。



ボクは技術者としてキャリアをスタートさせたのですが、時代に応じて、情報を収集する方法が変わって来ました。

【10年前(技術者)】
 ・あるキーワードで検索し、参考になるURLを片っ端からブックマーク
 ・ブックマークから参考になる記述を抜き出し、メモ帳に貼り付ける
 ・整理方法はファイル名で行う(例:PostgreSQL_チューニング.txt

【6年前(技術者兼経営者)】
 ・気になる、ためになるサイトのRSSを取得
 ・気になる題名のエントリを読む
 ・はてぶでトレンドを追う
 ・ブックマークは使わず、はてぶなどのサービスを利用

【現在(経営者)】
 ・見に行くサイトが決まってきた(5サイトぐらい)
 ・いいエントリやサイトがあれば、Evernoteにクリップ
 ・タグとカテゴリで上記を管理
 ・FacebookやTwitterでツイートされるエントリも見る



今現在、5サイト以外はすべて、友人知人がツイートする記事などであることに気付きました。つまり、似た属性の人が共有するエントリが、同じようにボクにもためになるということです。

実はこれ、みんながすでにネットで言ってることなんです。
同じ属性の人が共有したら見るよね!?って。

だからみんな必死で、多くの「いいね」を集めるために、いろいろ考えているんだと思います。
これについては言いたいこともありますが、今回は情報のアップデート方法なので割愛。

ネットの情報には信頼性の低いものも少なくないので、結局は自分で判断しなければなりませんが、誰かが薦めてくれる情報は当たりが非常に多いです。

一昔前なら、検索して、目的の情報が見つけられるかどうか、サイトをいくつも巡回する必要がありました。
今では誰かのためになった情報は共有されますし、探したい情報も比較的簡単に見付け出すことができるようになりました。

でも、昔と変わらないものは、

その情報の鮮度と正確性は、自分で判断しなければなりません。
常に自分でジャッジできる基準を作らなければならないと思います。

氾濫する情報に惑わされることなく、自分が何を調べたいのか、何を知りたいのか、それを何に活かしたいのか。

目的をしっかり見据えて、情報の整理をし続ければ、それはアナタの財産になると思います。



ただ、



XBOX360の新しい筐体に3つのバージョンがあり、どれを選ぶか迷っている。という例え話をして、しっかりスベってしまったのですが、何が恥ずかしいって、今本気でどれにしようか迷ってて、自分はどれを買うべきか本気で検索しまくっている自分が、紛れも無い事実であるということです(涙)


今のところ一番安い4Gメモリ搭載が濃厚です。
しかし250GのHDD搭載機種も捨てがたい。
Kinectはどーでもいいです。

あ、この話がどーでもいいっすね。