4月 27

この記事をブックマークする : このページをはてなブックマークに追加 このページをLivedoorクリップ! このページをニフティクリップに登録 newsing it! このページをdel.icio.usに登録 このページをBuzzurlにブックマーク

タガヤっす。

堀江さんが収監されることが決定しました。
心の中で実刑はないと思っていたので、すごく残念でなりません。
なぜ残念に思うのかと言うと、他人事ではないからです。



まず、考えてほしいことがあります。
日本の人口は現在、約1億2800万人です。
詳しい分布はこちらをどーぞ。

日本の人口統計 – Wikipedia http://bit.ly/hJGCxa

基本的に商売とは、このマーケットの母数を基礎に組み立てていきます。当社が海外をターゲットにできる会社はチャレンジした方がいいと常に言ってる意味がここにありますが、それはおいておきます。

1998年の第1次ITバブル時代、インターネットを使ったビジネスが誕生しました。何が言いたいかというと、新しいやり方には常に既得権益との競争があるということです。
電話しかり、本屋しかり。電話ではソフトバンクの孫氏が、本屋ではAmazonが、音楽ではiTunesが。
この世界規模でみたら、とても小さなマーケットなのに、取り合いするマーケットによっては、堀江さんと同じことが発生する場合があるのです。

ボクは海外から入ってくる方がやりやすいと思っています。どーも日本人は舶来モノに弱い傾向があるようです。日本国内でAmazonやiTunesが誕生していたとしても、今はもう存在しないでしょう。

これが既得権益です。
自分たちの今ある利益を守るため、新しくて可能性のあるモノを全力で排除するのです。それはみんながやることです。ポジション争いや新人潰しなど、今の自分のポジションを守りたいと思うことは、いわば生存本能なんだとボクは考えます。

やっかいな人たちがたくさんいるのが当たり前なのです。こうすればもっとよくなるのに。そんなことがたくさんありますが、その非効率によって守られている誰かがいるのです。

しかし日本においては、既得権益者の力が非常に強い場合が多いのです。それを理解せずに新しいことを強引に進めてはいけないのです。見えない力によって潰されてしまう可能性があるのです。これが現実なのです。

ではどうすればいいのか?

ボクは海外に活路を見出してほしいと思います。
日本人として、日本をとても愛していますが、チャレンジできない、チャレンジが潰されてしまう国に未来はないと思っています。

堀江さんは日本にとって確かに異端児でしたが、それを許容できない国に未来はないんです。変化することを明らか拒んだのですから。そういう意味で、ボクは日本という愛すべき母国に大きく失望しました。

これがボクが残念に思う理由のひとつです。
他にもありますが、ここでは割愛します。

ボクも経営者として成長することを望んでいます。
もしその先に既得権益との競争があったら、ボクは戦えるのだろうか。
今はまったく自信がありません。なぜなら、堀江さんと同じことをやってしまいそうで怖いのです。

本件の判決を怖いと感じている人はボクだけではないと思います。そういう判決になってしまいました。

改めて海外展開への意思を強固にしました。



まあ、適当にガンバレや、日本(・∀・)



4月 26

コミットの重要性

スタッフ別, タガヤ, 経営, 雑談 コミットの重要性 はコメントを受け付けていません。

この記事をブックマークする : このページをはてなブックマークに追加 このページをLivedoorクリップ! このページをニフティクリップに登録 newsing it! このページをdel.icio.usに登録 このページをBuzzurlにブックマーク

タガヤっす。

コミットとは、コミットメントのことです。

コミットメント
【英】:commitment

達成すべき目標そのもの、また、達成すべき目標を定め、未達成の場合は明確に責任を取るという責任を持ち目標達成に臨む考え方。

ボクは個人的なことではなく、決意表明的なイメージを持っています。

なぜこんなことを言うかというと。。。



先週末、社外役員をやってる会社で「すごい会議」を開催してきました。その会社で実施するのははじめてだったのですが、この会議の持つ本来の意味や意義を理解してもらうための下地が出来たからです。

結果から言うと、すごい効果が既に出ています。

リーダーという立場を敬遠し、責任という言葉から逃げ、時間がないと自ら言い訳をする。普通の会社ならこういうスタッフがほとんどだと思います。

恥を忍んで言えば、その会社もそうでした。
しかし今は違います。なぜそうなったのかをエントリしたいと思います。



会社の目的が売上だとか経常利益だとか、そういう数字である場合、その数字にコミットできるスタッフは極少数です。これが事実です。

では、個人の希望と会社の希望はリンクしえないものなのでしょうか?

ボクはそう思いません。
学生が就職活動するときに重視すると言われるポイントを挙げてみましょう。

1)休日が多い
2)給与が多い
3)仕事が楽しい

ざっくりこんなもんでしょう。
しかし会社の目的は儲けることです。利益を上げることです。
無条件に上記を実施すれば、普通は潰れてしまいます。

では、上記のポイントを実現しながら、利益を最大化する方法はないのでしょうか?

すごい会議のいいところは、スタッフが自ら考え、目標を設定し、それを実施すれば、自分の希望する環境が実現でき、会社の目的も達成できるところにあります。しかもそれは、社長が売上◯◯という数字を押し付けないところにあります。

どうすれば、休日を増やせるのだろうか?

これをひたすらに考え抜くのです。
そこには、会社を赤字にしてでも休日を増やしたいと考えている人はいません。自分の働いている会社が潰れてうれしいスタッフはひとりもいないのです。

この問題を解決するためには、業務の効率化が実施されるわけですが、どこをどのように改善するかはスタッフが考え、実施します。なぜなら会社に損害を与えることなく休日を増やしたいからです。



当社では採用時に、どんな人材を求め、その人にどんな人になってほしいか、具体的に提示します。

例えば、

「将来的に当社のエースプログラマとなり、後輩を指導してほしい。クライアントからも後輩からも信頼される人になってほしい。」

ときちんと伝えるようにしています。
そしてこの目標に対してコミットしてもらうようにしています。

求める人材に応じて、求めるコミットメントは違いますが、募集時に明確にしているため採用判断に迷うことがありません。

あとは、このコミットメントを達成するための努力を求めるだけです。



XXXX年XX月XX日までに、
YYYYYYYYを達成することにより、
ZZZZZZZZになる。

Yを達成するために、Zになるために、どうすればいいのか。

それらをスタッフと考え、約束することがたくさんできれば、会社はおのずと成長していくでしょう。

みなさんは、会社と、またはスタッフたちと、どんな約束をしていますか?



4月 12

選挙権は権利であって義務ではない

スタッフ別, タガヤ, 雑談 選挙権は権利であって義務ではない はコメントを受け付けていません。

この記事をブックマークする : このページをはてなブックマークに追加 このページをLivedoorクリップ! このページをニフティクリップに登録 newsing it! このページをdel.icio.usに登録 このページをBuzzurlにブックマーク

タガヤっす。

先日の統一地方選挙なんですが、一身上の都合により投票できませんでした。
投票しないのに政治批判するなんてとんでもないとは思いますが、Twitterなどで投票率の低さもあり、「投票しないとかクズだろ」的な発言を多く目にしたので意見してみたくなりました。



世界には義務投票制を採用している国もありますが、日本の選挙権は権利です。義務ではありません。
つまり、投票しない自由を認められているのです。
投票しようがしまいが当人の自由なのですから、それを批判するのはどうかと思います。

また、批判するということは、当然投票に行った方だと思います。投票しなかった人はその責任をとり、投票した人はその結果の責任を負うべきだと思います。
知名度だけで当選したり、先の選挙なんて民主党って言えば誰でも当選するみたいな、そんないい加減な選挙を見ていると、投票する意識も低くなるっちゅうもんです。

つまり投票率50%程度にも関わらず、その多くの人が候補の政策のチェックをしているか怪しいとボクは思っています。いい加減な判断で投票する方がよっぽど危険だとボクは思います。

ただ、それらの投票する判断基準である候補者の政策などをチェックしやすい環境がない、もしくは広く知られてない現状、知名度や一時的なブームだけで政権が変わるのも仕方ない気はします。

だからこそ、義務にすべきではない気もします。
投票しない自由も尊重されるべきだとボクは考えるのです。

もっとこうしたらいいのにって案もありますが、ここでは割愛します。書いても無意味だもん。

投票しない自由も同等に認められるべきだと考えます。



しかし、ぎっくり腰で行動に不自由で、期日前投票にも行けない状態なのに、自宅までお迎え付きで岐阜県までお花見行っていたのがバレたら、このエントリはまったく説得力のないものになってしまわないだろうかという疑念は残ります(汗)




4月 11

この記事をブックマークする : このページをはてなブックマークに追加 このページをLivedoorクリップ! このページをニフティクリップに登録 newsing it! このページをdel.icio.usに登録 このページをBuzzurlにブックマーク

久しぶりの書込みになってしまいました・・・
アマノです。

日本語の情報が少ないらしいので書いておきます。

ASENSのサーバーで大量のyumupdateが走っていたので
念のために確認してみると案の定ページが表示されなくなっていました。
Apacheのログを確認してみると
 [notice] child pid 7183 exit signal Segmentation fault (11)
というログが大量に出ていたのと
 [error] NSS_Initialize failed. Certificate database: /etc/httpd/alias.
 [error] SSL Library Error: -8038 SEC_ERROR_NOT_INITIALIZED
というエラーが出ていました。

調べてみると、どうやらApacheのモジュールのmod_nssというのが
アップデートされた時にファイルへのアクセス権限でエラーが出ているようです。
/etc/httpd/alias/内にある.dbの拡張子のファイルの権限を変更して
Apacheを再起動すれば正常に起動します。
———————————————————————————–
# cd /etc/httpd/alias/
# ls -l
合計 124
-rw——- 1 root root 65536 1月 14 2009 cert8.db
-rw——- 1 root root 4395 1月 14 2009 install.log
-rw——- 1 root root 16384 1月 14 2009 key3.db
lrwxrwxrwx 1 root root 33 4月 10 05:31 libnssckbi.so -> ../../..//usr/lib64/libnssckbi.so
-rw——- 1 root root 16384 1月 14 2009 secmod.db

# chmod 640 *.db
# chgrp apache *.db
# ls -l
合計 124
-rw-r—– 1 root apache 65536 1月 14 2009 cert8.db
-rw——- 1 root root 4395 1月 14 2009 install.log
-rw-r—– 1 root apache 16384 1月 14 2009 key3.db
lrwxrwxrwx 1 root root 33 4月 10 05:31 libnssckbi.so -> ../../..//usr/lib64/libnssckbi.so
-rw-r—– 1 root apache 16384 1月 14 2009 secmod.db

# /etc/rc.d/init.d/httpd restart