9月 14

他社の社外取締役を終えて

未分類 他社の社外取締役を終えて はコメントを受け付けていません。

この記事をブックマークする : このページをはてなブックマークに追加 このページをLivedoorクリップ! このページをニフティクリップに登録 newsing it! このページをdel.icio.usに登録 このページをBuzzurlにブックマーク

タガヤっす。

株式会社DAQにて、
1年任期の社外役員の仕事を終えてきました。

その1年を振り返っての感想なんぞをエントリしてみます。
経緯を書くと長くなるので、どんなことをやって、どんな変化が起こったか?ということにクローズアップして書いていきたいと思います。



1年前は社長が考え、社長が導入し、社長がウォッチして分析するという、いわゆる「ワンマン経営」でした。

もっぱらの悩みは、スタッフが動いてくれないというものばかり。語弊を恐れずに書くと、考えたらわかるやろ!?っていう内容だったと思います。
リーダーとは?マネジメントとは?ということばかりにこだわっていた気がします。

まあ、無理もないのです。
やったことないんだから。

1年後、スタッフが考え、行動する会社になりました。
スタッフみんなが、現状を経営者視点で分析に、何が足りないか、今なにをすべきかを理解できるようになりました。

ボクがやったことはひとつです。
「考える」ことをひたすら教えました。



社外役員を受ける前から、あることに気付いてました。
岐阜という土地柄なのか、自分の意見を発言する人が少ないように感じていました。会議をしたらほとんどの人が意見しないんじゃないかと思えるぐらいです。

まず全員と面談をしました。
「過去、現在、未来」について聞きました。
また、面談前にあることを社長にコミット取っていました。

「面談の結果、会社のルールをひとつ廃止します」

この面談で意味していたのは、自分の意見で会社が変わるということを体験してほしかったのです。

結果、日次決算を廃止したのですが、
現在そのルールは形を変えて復活しています。
廃止を希望したスタッフが導入しました。



発言によって会社が変わることを体験したスタッフたちは、劇的に意見を交換するようになっていきます。そこでブレストを教えました。また、ディベートもしました。

今ではミーティングすべてがブレストになっていると聞いています。ブレストのメリットはここでは言及しませんが、意見を言わないスタッフが多い会社ほど、導入するメリットは大きいと思います。



会社がスタッフたちの意思で動き出すと今後は迷いが生じます。
会社にとって、どうすべきなのか?

そこで「すごい会議」を開催しました。
実は会社の価値観であるビジョンの構築を先にしたかったのですが、目先の行動が取れないのではないかという危惧から、順番を変えました。結果、良かったと思っています。

このすごい会議は合宿形式で行ったのですが、これ以後のスタッフの成長ったら、目を見張るものがありました。



今では、定期的に社内研修を行い、またそこに外部の会社の方も招待するなど、頻繁に外部の方々と交流する機会が増えました。

経営者の方々が非常に多いのですが、みなさん彼らを見て一様に驚かれます。

彼らの視点が経営者と同等か、ひょっとしたらそれ以上かも知れないからです。スタッフだからこそ知り得る何かがあるのも事実なのです。

こんな話を聞きました。

「この研修を終えたとき、何を得ていたいですか?」

外部から参加された経営者がビックリするような答えが書いていたそうです。
その方は恐らく、研修で行われるゲームの数字を意識していたと思うのですが、スタッフはその知識をどう活かすかまで書かれていたのです。

つまり研修は手段であり、結果は自分たちで出していくものだと知っているのです。

また、

「その結果を得るためには、誰の存在が影響しますか?」

スタッフたちは皆、「自分」と書いていたそうです。
そう、彼らは結果を左右するのは自分であることを知っているのです。



最終日にこれらの話を聞いて、ボクはとても充実感を得ました。
1年前には考えられないほどの成長をしてくれたと感じました。

よく言われます。
タガヤさんってすごいですね。

いや、人間みんなすごいんです。
ボクはどうやったらいいのか?をたくさん考えるだけです。
ボクが考えた結果をやってみて、それらから学び、自分のものにするのは、他の誰でもない、彼ら自身なのです。

彼らがより「すごい」と言ってもらえるように、
少しのきっかけを与えるだけに過ぎません。

花がキレイに咲いていても、その花に水を与えている人は何もすごくない普通の人なのです。

でも、ボクはその水やりの仕事に、とてもやりがいを感じました。

コンサルタントになればいいとか言われますが、
恐らくそんな堅っ苦しい立場じゃダメな気がします。

この1年、ボクも成長できました。
こんな機会に恵まれたのも、

DAQ社長と引きあわせてくれた人や、
相談してくれたDAQ社長、
一緒に遊びながら学ぶ機会を与えてくれた友人たちや、
DAQのスタッフみんなのおかげです。

ありがとうございます!

これからもゴーイングマイウェイで、
適当にやっていきます(・∀・)


追伸:

 すでに社外役員の引き合いを数社からいただいていて、
 DAQの人々が周辺で話をしてくれているからだろうなーと、
 改めて人のつながりに驚きと感動に包まれています。

 うん、もっと言っていいよw
 オレ、もっとやれる気がするww